人生は旅

人生も旅もトラブルの連続、だからこそ‘’今‘’を大切にしたい

コレクションは心を満たす

今週のお題「わたしのコレクション」

f:id:mikonacolon:20220310073517j:plain

お気に入りの物を集めて心の隙間を埋める

 実をいうと、今ではもうコレクションはしないと決めている。たしかに若い頃は自分のお気に入りの物を集めて、眺めては悦に入っていた。その時だけはなんだか満たされた気持ちになり、心が落ち着くのを感じた。でも、だんだんと物に執着するようになって、最後には虚しくなったこともあった。本当に欲しい何かは物ではなくて、目には見えない何か、心の平安みたいなものではないかと気が付いた。それを誤魔化すために私の場合は物を集めていた。心がときめいて、一瞬でも幸せを感じられるものなら何でもよかった。 

 以前は一時期ブームになったハローキティグッズを集めていた。食器からタオル、パジャマに至るまでハローキティに嵌っていた。部屋があの可愛いハローキティ一色に変っていき、まるでおとぎの国に迷い込んだかのようだった。その世界では当然のごとく現実逃避で世の中の憂いとは遠く隔たった場所だった。その時の私はファンタジーの世界に守られて何とか生活していたと思う。もちろん現実は自分の思うように行かないことばかりで決して楽しくはなかった。だからこそ私にはそんな夢の世界がひつようだった。携帯のストラップもキティちゃんで、いつもハローキティと一緒で、ハローキティを常に身近に感じて守られていたかった。

 ご当地キティちゃんというのがあって、知り合いや友だちが出張や旅行に行くと聞くと、ついでに買ってきてくれるように頼んだ。キーホルダーやミニタオルを集めるようになった。こうすれば、自分で直接行かなくても自然とグッズを手に入れることができた。信州、長野のキティちゃんは真っ赤なりんごを抱いていた。沖縄のキティちゃんは可愛めのシーザーと一緒にキーホルダーにぶら下がっていた。北海道のキティちゃんはなんとヒグマと仲良しだった。キティちゃんがビールの大ジョッキを持っているのもあったが、あれはいったいどこのだろうか。もう忘れてしまった。

 ミニタオルも全国各地のをいろいろ買ってきてもらったが、一番印象に残っているのは香川県のものだ。HELLO KITTYとタオルの真ん中にロゴがあって、その下には「いただきます」の文字が書いてある。そして、「こねる」の文字が左上にあって、そばでキティちゃんが一生懸命うどんをこねている。次は右端に「のばす」で、キティちゃんがうどんを伸ばしている絵がある。それから順序としては「きる」でキティちゃんがうどんを慎重に切っている。最後は「ゆでる」でこれまたキティちゃんがうどんを火傷しないように気を付けながら茹でている、というデザインになっている。あ、忘れていた。タオルの中心に🍚どんぶりに書いてある「さぬきうどん」の文字があった。見ると、キティちゃんはお箸で讃岐うどんを今まさに食べようとしていた。このタオルはもうハローキティ熱が冷めてしまった今見ても、なんだか楽しくなってしまうグッズだ。ここでのキティちゃんは香川県観光大使のような役割をしている。そういう点から言っても、このミニタオルは本当によくできているなあと感心する。他の地域のタオルは地名とハローキティのロゴだけで、その土地の特色を何も出そうとはしていない。

 今でこそ、讃岐うどんのチェーン店が私の住んでいる町にも進出してきて、グッと身近な存在になった。でも当時は讃岐うどんは香川に行かなければ食べれない物だった。少なくとも私などはそんな風に決めつけていた。それは真似しようとすればできないこともないだろうが、本場のうどんは無理なのではという考えからだった。会社の近くに丸亀製麺のチェーン店があるが、お昼には長蛇の列だ。周りには食事処が結構ある地域なのになぜそこだけ?と不思議でならない。残念ながらそこの店にはまだ一度も行けていない。あの列だと、待っている間にお昼休みが終わってしまいそうでやきもきしてしまいそうで心配だから。

mikonacolon