人生は旅

人生も旅もトラブルの連続、だからこそ‘’今‘’を大切にしたい

ロシア人の寛大な心に感謝して涙が

今週のお題「感謝したいこと」

f:id:mikonacolon:20201128192458j:plain

 予約確認せずにロシアのホテルに

 あれは2007年にロシアのモスクワに行った時のことです。当時はまだbooking.comとか、エクスペディアなどというホテルの予約サイトはありませんでした。だから泊まりたいホテルのサイトで直接予約するしかありませんでした。私も旅行ガイドに載っていた安めのホテルを予約したのです。すると、すぐに自動配信で予約を確認したとのメールが来たので「これで大丈夫!」と思ってしまいました。でもこの時ちゃんとホテル側に予約確認をしなかったせいで、思いもよらない事態に陥ってしまうなんて!夢にも思わなかったのですが、そのおかげで涙が出るほどの嬉しい経験をすることになるのです。実は初めてのロシアで、私のこの国に対して持っていたイメージはスパイが暗躍する、貧しくて恐ろしい国でした。

 

f:id:mikonacolon:20201128192641j:plain

人に助けられてホテルにたどり着いたのに

 地下鉄の駅で降りて歩き始めました。ホテルの場所を探そうとするのですが、手元の地図ではよくわかりません。もう夜の8時なので暗くてよけいにわからないのです。それにしても、今思えば、初めての場所にこんな時間に行こうとするなんて。当時の私はいったい何を考えていたのかと呆れるばかりです。それでも幸運なことに犬の散歩をしているご夫婦に出会って道案内をして貰えたのです。彼らがいなかったら、間違いなく私はホテルにたどり着けなかったでしょう。だから、まず、この見知らぬ親切なご夫婦に感謝です。

 異国の人に助けられてやっと予約したホテルを見つけたのに、行ってみたら違うと言うのです。予約確認書に書いてあるホテルは別の場所にあると言われて、一瞬目の前が真っ暗になりました。同じ系列のホテルなので、パンフレットを見せて場所を説明してくれます。でもそこは今いる場所からは遠すぎます。こんな夜遅くに知らない場所にどうやって行けばいいのか、想像もできませんでした。

絶望したら救いの手が

 どうしたらいいのかわからず、呆然としてしている私に、受付の女性は電話の受話器を差し出しました。受け取ってみると、聞こえて来たのは「今からこちらに来ませんか」というホテルの人の歓迎の声でした。でも私はとても行けそうにないのです。そこにたどりつける自信もないし、この場から外に行く勇気が出ないのです。返事をすることができない私はその場に座り込んで頭を抱えてしまいました。

 はっきり言って、こんな時は他の国ならたぶん放っておかれるのが落ちです。誰も相手にしてはくれないはずです。それなのに、この国は違いました。受付の女性が同情して「心配しなくて大丈夫!No problem!」と慰めてくれました。「このホテルに泊まっていいから安心して」と言われて、どれだけホッとしたことか!だから、あの時の受付の女性の寛大な優しさに感謝しかありません。

 私が身から出た錆のせいで失態を演じていたとき、ちょうど受付の側を一人の男性が通りかかりました。作業服を着たその人はロシア語が通じない私にホテルの部屋の間取りを説明しようとするのです。紙に図を書いて、シャワーとトイレは2つの部屋で共同で使うことになっている旨をわからせようとします。そして「そういう部屋しかないけど泊まるのか、大丈夫なのか?」と私の意志を確認しようとするのです。もちろん断る選択肢などありません。地獄の底にいたとばかり思っていたのに、天国への階段を目の前に見つけたようなものですから。当時の旅ノートに貼ってある見取り図を見ると、この男性のことを思い出します。だから見ず知らずの外国人に誠実に対応してくれたこの男性に感謝です。

mikonacolon

 

 

 

 

 

二度と会うことがない人達に感謝

今週のお題「感謝したいこと」

f:id:mikonacolon:20201126132023j:plain

怖い所だとばかり思ったら

 私が感謝したいのは、名前も知らない、もう二度と会うことはない人達です。これまで海外旅行に行って何とか無事に帰ってこられたのは彼らのおかげなのですから。

 初めて行った外国はイタリアのローマでした。空港から列車に乗り換えてローマのテルミネ駅に着きました。駅から出て予約しておいたホテルに自力で向かおうとすると、大勢のタクシー運転手に囲まれてしまいました。ふと見ると、「welcome」と書いた大きなボードを掲げている人たちがあちらこちらに見えました。どうやら他の人達は皆迎えのタクシーを予約しているようで、自然と私たちは彼らの標的になってしまいました。「タクシー、タクシー」と呼びかけられて、彼らの熱狂的な声に圧倒されて恐怖さえ感じました。「とにかく、逃げるしかない」と思い、友だちの手を取り速足で駅の出口へと向かいます。それでも彼らは諦めないので、必死で走って外に出たら、やっとホッとできました。まさかこんな経験をするなんて!異邦人がローマの洗礼を受けるとは思ってもみませんでした。

後ろから救世主が現れて

 街の中を歩いていたら、突然誰かの怒鳴り声が聞こえてきました。どうやら言い争っているようで、「もしかしたら、ここは怖い所なのかも」と心配になってきました。その時は日本の家族に電話をしようと思っていたのです。当時は街のどこにでも公衆電話が設置されていました。テレホンカードを入れようとするのですが、入らない、何度やってもうまくいきません。すると、後ろから髭を生やした一人の男性が現れて、いとも簡単にカードを入れてくれたのです。それには声も出ず、あっけに取られて、お礼を言うのを忘れていました。その人はすぐに足早に立ち去ってしまい、その後は会うこともありません。だからこそ「あの時は本当に助かりました、ありがとう」と言いたいのです。相手から求められないのに、親切にしてくれる人はなかなかいないのです。

親切なあなたはいったい何者?

 初めてイタリアでユーロスターに乗ったときは戸惑いました。あの時はインターネットで切符を買えるような時代ではなかったので、地球の歩き方に載っていた旅行会社ですべて手配してもらいました。当日は自分の座席の車両番号は何とかわかったのですが、座席が見つけられません。それでも何とか自分の番号があったので座ろうとすると、もうすでに一人の男性が座っているのです。何度もチケットの車両番号を確認するのですが、やはり間違いないようです。でもあの男性はあんなに堂々と座っているのですから、どうしたらいいのかわかりません。

 車両のドア付近で困っていたら、ひとりの若い男性が声をかけてきました。その人は他の人にも何かと声をかけて教えてあげているようですが、鉄道会社の人ではないようです。私がチケットを見せると、なんと座席まで案内してくれたのです。そこには先ほどの紳士が座っていましたが、この席に間違いないと言うのです。躊躇していると、「さあ、自分の席なのだから言わなきゃ」と促すのです。それで、チケットを見せながら「すみませんが・・・」と言ったら、すぐにどいてくれたのです。

 もしもあの時あなたがいなければ、私はきっと車掌さんが通りかかるまで席には座れなかったでしょう。何しろ自分の席には先客がいるのですから。あなたのおかげで私の不安は解消されて、楽しい旅ができました。だからあなたには感謝しかありません。それにしても気になるのは、今でも不思議なのですが、あなたはいったい何者なのですか?

mikonacolon

 

 

 

 

コロナ禍の図書館に行ってみたら

f:id:mikonacolon:20201126131943j:plain

インフルエンザの予防接種のため病院へ

 先日お昼にインフルエンザの予防接種をしようと診療所に行きました。そこは小さな病院なので予約は必要ないのです。具合が悪い時は気軽に診てもらえるのですが、病院に行くのは久しぶりです。受付の前には人が待っていましたが、今のご時世なのか席の間隔をあけて座っています。体温を測るのですが、おでこではうまく行きません。気温が低い外から来た人には反応しないそうで、「袖をちょっとまくってください」と言われました。体温計の温度は35.5度で低すぎます、これじゃあ冷血人間ではありませんか。問診表を書き終えると待合室に行きました。感染防止のために椅子には使用禁止の張り紙が貼ってありました。それと前から気づいてはいたのですが、ここの待合室の壁には植物とネコの絵が描かれています。人の目の邪魔にならない、薄いパステルカラーの色合いが人の心を癒やしてくれます。

久しぶりに図書館に行くことに

 思いのほか病院が早く終わったので、ふと図書館に行ってみようかと思ったのです。図書館なんてもう10年以上行っていません。それなのに行く気になったのは気になる本があったからです。それは絵本で、絵本と言っても子供だけのものではなく、大人だって十分楽しめるのです。その絵本は米国のロバート・マックロスキーという素晴らしい作品を数多く残している絵本作家の作品です。古本屋で「沖釣り漁師のバート・ダウじいさん」という作品を見つけて、まさにヘミングウェイの「老人と海」のパロディだと感心しました。作者の妄想がとめどなくさく裂し、ここでのじいさんは年取って身体にガタが来ていても、毎日楽しく愉快に過ごしているのです。

 本の最後にある作者の経歴を見ていたら、絵本作家の栄誉であるコールデコット賞を2度も受賞しているのだと知りました。代表作には「すばらしいとき」や「うみべのあさ」などがあって、ぜひ見てみたいのですが、本屋にはないようです。それで公立図書館のサイトで検索してみたら、すべてあるのです、子供図書館と言うところには。どうやら私の知らないうちに新しくできたようです。家からは遠くて、歩くと40分以上かかかります。あの辺りは行く用もない所なので行きづらいのです。

感染防止のため図書館は

 でも幸運なことチャンスが巡ってきました。予防接種をしに行くついでに足を延ばせばいいのです。病院からなら20分で行けるのですから。図書館は大きな公園の側にあって、着いた時は1時10分前でした。中へ入ろうとすると、警備の人が立っていて1時に閉館になる、感染防止のために30分間は換気と消毒をするので、次は1時半にならないと入室はできないとのことです。「すぐ出るのなら構わない」そうなので、急いで子供図書館のある2階に行こうと階段を上ります。すると、職員の方に「もう終わりなので出てください」と言われましたが、何冊か借りようと本を探します。偶然「バートじいさん」が見つかったので、他の1冊も適当に手に持ってカウンターに向かいました。

 借りようとすると、私のカードはもう何年も使っていないので抹消されていました。時間外なので係りの人に「お急ぎですか」と促されたのに、無理やり新しく作り直してもらいました。帰るときは階段を使わず、他の階を通らないように必ずエレベーターを使用するようにと言われました。それもひとつの感染防止策のようで、それと4時にもう一度換気と消毒のために30分は閉館にすることになっているそうです。このように公立図書館も感染防止のために様々な取り組みをしているのだとわかったのです。

mikonacolon

 

 

 

 

 

 

豪邸で食べた宅配ピザ

今週のお題「ピザ」

f:id:mikonacolon:20201123123012j:plain

同僚のお宅訪問に行ってみたら

 ピザで思い出すのは豪邸で食べたピザ、それも職場のかつての同僚の家でごちそうになった時のことです。その家はもともとは広々とした敷地に立っていました。同僚が嫁いだ時には広いお屋敷でしたが、かなりの年数が経っているので思い切ってマンションに建て替えることにしたのです。家ができるまで近くの賃貸マンションに仮住まいしていることは知っていましたが、ようやく完成して落ち着いたのです。ロシアの女帝を思わせるような名前のそのマンションを経営するのかと思ったら、自分たちの住む階を除いてすべて売ってしまったようです。噂は広まっていて、あれこれ言われるのが鬱陶しかったのか、家を見せてくれることになったのです。

 当日訪問すると、まず玄関が広いことに驚きます、普通のマンションとは全然違ってそれ自体一つの小さな部屋のようです。すっきりしていて、壁に収納があって靴はすべて入れられるようになっています。上がらせてもらって、リビングに入ると、まるでマンションのモデルルームのような光景が目に飛び込んできました。テーブルとソファ、グランドピアノ、ダイニングテーブル、日当たりのいいキッチン、それらがすべてワンルームにあります。果たして何畳ぐらいあるのか見当もつきません、まるでホテルのスイートルームのようです。普段狭い部屋で暮らしている私などは、くらくらするような広さだったので面食らってしまいました。

宅配ピザが届けられて

 ふわふわのソファに座ってお茶を飲みながら、「すごいねえ。こんなところに住めるなんて羨ましい」と皆が口々に言います。同僚は余裕のある笑顔を見せて「そんなことないわよ」と謙遜します。そこへ「ピンポン、ピンポン」と言う音が鳴り、どうやら誰か来たようです。玄関に行った同僚が手にしていたのは宅配ピザの箱でした。料理好きなので、もちろん手料理も用意してくれているのですがピザを取ってくれたのです。気を使ったのか、食べきれないくらいのピザを用意してくれて、私たちはお腹いっぱいごちそうになりました。実を言うと、それまであまり宅配ピザというものを食べたことがなかったのです。実際食べてみると、ピザ生地の上にもりもりに乗っている具が美味しかったです。ごはんのおかずのような役目を果たすので、ピザ1枚でお腹いっぱいになるのがわかります。エビやカニなどの海鮮が盛られていれば高いのは当たり前ですね。

生チョコを平気で口に入れて

 ピザをご馳走になったこの同僚は私たちにとってはとても興味深い人でした。子育てが一段落したので職場に復帰したのですが、本人は働く意思はなかっのです。生活の心配はないので、家に居て自分の好きなことをしていたかった。それなのに義母は女も外で働いた方がいいわよと言う。なぜそんなことを言うのか、聞きたかったが聞けなかった。それでも義母に言われるままに働きだしたら、職場でいろいろあったが仕事は楽しかったと言うわけです。

 この同僚は明るい性格なのですが、時々みんなが困惑するようなことをします。たとえば、休憩時間に「どうぞ召し上がれ」と勧められた生チョコ、誰かが異変に気が付いたらしいのです。勘の鋭い同僚のひとりが箱に書かれていた賞味期限を確かめるとなんと1週間も過ぎていました。それとなく知らせると、「これくらい大丈夫よ」と平気でチョコをつまんで口に入れました。それを見ていた一同は驚いて何も言えませんでした。

 おしゃべり好きなこの同僚はよくデパートの物産展に行って来た話をしました。そこで買って来た美味しいものを食べた話を聞かせてもらうのですが、お裾分けに預かったことは一度もありませんでした。正直言って、豪邸にお宅拝見に行った時の歓待ぶりには少し戸惑っていたのです。もしかして、あれはこの時とばかりの埋め合わせだったのかもしれません、そう思うのは少し考えすぎでしょうか。

mikonacolon

 

 

 

 

 

 

トマトソースとピザ食べ放題

今週のお題「ピザ」

f:id:mikonacolon:20201124164100j:plain

 トマトが苦手なのにピザが好き?

 私の親友はトマトが嫌いなので、トマトが入っているサラダもサンドイッチも食べられません。なぜそんなにトマトが嫌なのか聞いてみたら、ブツブツした種が邪魔でしかもグチュグチュしているところが気持ち悪い、どうしても許せないと言うのです。こちらとしては、ふ~ん、そこがいいのにねえと心の中でつぶやくしかありません。じゃあ、当然ピザは食べられないよねと思っていたら、ピザのトマトソースは別物で、大好きだなんて。全くもって訳のわからないことをいうのです。あれは生のトマトのような青臭さが微塵もないので、本来のトマトらしくないところが素晴らしいだなんて。トマトからあんな美味しいトマトソースを作り出すことを考えた人には脱帽するしかありません。そんなトマトソースを存分に味わえる国と言ったら、やはりイタリアしかないでしょう。

みんなピザを片手に食べ歩き

 以前イタリアに旅行に行ったとき、列車の待ち時間が2~3時間ありました。もう名前も憶えていない駅で降りて、町の散策を始めようとしたら、大勢の警官が警察犬を連れている光景が目に飛び込んできました。何事かと思ったのですが、どうやら心配いらないようです。警官はみんな笑顔で、犬に水浴びをさせる人までいたからです。駅の前に噴水のある小さな公園がある、そんな外国なら当たり前の風景が広がる田舎の町でした。少し歩くと遺跡のような塔があるのを発見し、そこから脇道に入って行くと小さな商店街がありました。予想したよりも人が大勢いて、みんな何か食べながらゆっくり歩いています。

 何を食べているのかと思ったら、それはピザで真っ赤なトマトソースのピザでした。たちまちお腹が空いてきて、食べたくなって店に入って注文。小さ目でちょうど一人分のピザはすでに焼いたものがショーケースにならんでいました。それをお店の人が「カルド?」とか言って温めてくれるのです。ピザ生地の上に乗っているのはサラミとチーズのシンプルなものでしたが、素直に美味しいと言える味でした。モチモチの生地にトマトソースとチーズが溶け合って、いくつでも食べられそうな気がしたほどです。

ピザ食べ放題に行ってみたら

 あの頃はやたらとピザが食べたかったみたいで、ピザの食べ放題に行ったことがありました。いつもは、たいていマルゲリータを食べていたのですが、他の味も試してみたいと思っていたのです。いろいろな味を楽しめる場所はどこかと考えたら、「そうだ、食べ放題があるじゃないか」ということに。だから友達を誘ってシェーキーズというお店にワクワクしながら行きました。期待通り、いろんな種類のピザが小さく切って並べてあります。これなら思う存分楽しめるはずでした。

 ところが、最初のうちは「美味しい」と感じていたのに、2~3枚食べると、だんだんと口の中が脂っこくなってきました。それでも、せっかく来たのだから、と食べようとするのですが食が進みませんでした。私だけかと思ったら、なんと一緒に行った友だちも同じだったのです。それにしても、なぜあんなにも、どのピザも脂っこく感じたのか。そのことが今でも謎のままなのです。

mikonacolon

 

 

 

白馬のペンションとカフェのピザ

今週のお題「ピザ」

f:id:mikonacolon:20201123123056j:plain

手作りパンが売りの白馬のペンションへ

 ピザと言うと、白馬で食べた美味しいピザを思いだします。あれはもうだいぶ前の夏休みに長野県の白馬のペンションに行った時のことです。旅行のガイドブックに載っていたそのペンションは、手作りパンが売りの宿泊施設でした。美味しそうなパンが食卓に上って、みんなが笑顔の写真を見ていたら、自然と「ここがいいかも!」と思ってしまったのです。普段は和食しか食べないので、たまには洋食もいいなあと新鮮な気持ちになったのです。

 旅行当日は、絶対このホームで間違いないと信じて待っていたら、「まもなくこの列車は発車します!」のアナウンスが聞こえてきました。私たちの乗るべき電車はなんと向かいのホームに停まっている列車だったのです。それに気づいた私たちは、乗り遅れまいと必死で階段を駆け下りました。そして、何とかドアが閉まる寸前で電車に乗り込むことができました。出だしからこの始末ですから、先が思いやられます。まあ何とか白馬の駅に着き、迎えに来てもらった車に乗り込んでペンションに到着しました。

白馬のペンションはまるで都会?

 白馬と言うと、思い浮かぶのは「長野オリンピックのスキージャンプ台」とどこまでも広がる高原の風景です。私たちも自然の中で静かに過ごせるものとばかり思っていました。ところが、初日の夜に寝ようとすると外が明るすぎるのです。ベッドの側にある窓からはアカアカとした電気の光が差し込んで、気になって寝られないのです。真夜中になってもその明るさは変わることなく朝まで続きました。ようやく気付きました、ここでは都会と同じように過ごせるのだということを。おそらく、近くには夜長を楽しむための店があるのだということを。どうりで自然の中に泊っている感じが全くしなくて、まるで都会にいるとしか思えないのです。

洋食に飽きて、カフェのピザがごちそうに

 私たちは雑誌のグラビアで見た、口コミで人気があるという手作りパンが楽しみでした。外が明るすぎて寝不足気味ですが、美味しい朝食を食べれば嫌な気持ちも吹っ飛んでしまうはずでした。他のテーブルの人たちもみんなワクワクしながらパンが配られるのを待っていました。焼き立てのふわふわパンが早く食べたいのです。ところが、実際に食べてみると、期待が大きかった分失望も大きいのです。美味しいはずのパンも「普通のパン」としか思えません。欲求不満を抱えたまま、外に遊びに出掛ければ、やはり食べるのはご飯でした。ウナギとか天丼とかかつ定食とやらに飛びつき欲求を満たしました。

 昼間は何とかなるのですが、夜をどう乗り越えるかが問題です。幸運にもペンションから歩いて行けるカフェを見つけました。そこは自家製ピザが有名なお店でした。試しに食べてみると、意外に、というより、思わず「これは美味しい!」です。ピザというのは、最初は美味しく感じても、食べている間に脂っこさが気になってしまうことがあります。この店のピザはサイズが小さめで飽きの来ないシンプルなものでした。病みつきになった私たちは毎日のように通い、おかげでペンション選びの失敗をしばし忘れられたのです。

mikonacolon

 

 

 

イタリアではピザはひとり1枚が常識?

今週のお題「ピザ」

f:id:mikonacolon:20201122191511j:plain

ピザはみんなで食べるものとばかり

 いつの間にか、私の住んでいる地域から宅配ピザの店が無くなってしまいました。以前は店の前を通りかかると、「お持ち帰りは30%引き」などと宣伝文句が書いてあったものです。たしか、店の名前はピザハットで、いざ無くなってしまうとやたらと食べたくなります。あの宅配ピザの大きさだと、ひとりで食べるのは無理だとずうっと思っていたのです。ところが、ある日、私の思い込みが全くの間違いであることを思い知らされたのです。

 あれは、以前イタリアに旅行に行った時のことでした。まだ通貨がユーロではなくてリラの時代で、スーパーで物の値段を見たら日本の3分の1程度で驚きました。もちろん、ローマやフィレンツェも行きましたが、楽しみにしていたのはクールマユールにいってモンブランを見ることでした。ミラノから列車に乗ってアオスタに行きました。そこからクールマユールに行くバスが出ているからです。アオスタは見渡す限り山々に囲まれたのどかな町、というより静かな村でした。あの時は夏だったせいか登山客をよく見かけました。

ピザも大きくて食べきれない

 私たちの泊まっているホテルの近くには一軒のレストランがありました。田舎のレストランですから気軽に入れる雰囲気なので毎日通っていたのです。ある日いつものように店の前まで行ったら閉まっていました。昼休みと言うのがあって、私たちは行く時間が早すぎたらしいのです。「どうしよう、お腹空いているのに」と困っていると、中から一人の男性が顔を出しました。見たことがある顔で彼はお店の人でした。どうやら「入っていいですよ」と手招きしているようなのです。「ラッキー!」と喜んで、さっそくペンネのアラビアータとピザを注文しました。ここの店の料理はどれも量が多くて安いのです。私は友達と二人なのですが、「この量を全部食べらるかどうかわからない」と思いながら食べているのです。残すのはもったいないと頑張ったのです。でも「もう無理!」と諦めかけていたその時、レストランに7~8人のお客さんが入って来たのです。

みんなピザを完食したので、こちらは仰天するばかり

 こちらはもう食べるのをやめたので、彼らが何を注文するのか興味津々です。しばらくして、店員さんが大きなお皿に乗せたピザを運んできました。どうやら全員がピザを頼んだみたいで、小学生ぐらいの子供も2~3人いるのにひとり1枚づつピザを注文したのです。「ひえ~、ひとりであんな大きなピザを食べられるの?」と信じられず、彼らの様子を観察していました。どうなることかと見ていると、あっという間に平らげて、彼らはササッと帰って行きました。まさにお見事というしかありません。ここの人たちのことを、正直言って「すごいなあ!」と感心するばかりでした。日本人の胃袋とは全く別物の胃袋を持っているのだとしか考えられません。

ウィーンでも美女がバス停でピザを

 その後、ピザ1枚を一人で食べるのは普通のことなのだと納得する出来事がありました。シェーンブルン宮殿を見にウィーンに行ったとき、帰りの空港へのバス停を捜していた時のことです。地図を見ながら場所を探したのですが、どうしても見つかりません。ふと見ると近くに市バスのバス停があって、ひとりの女性がピザを食べていたのです。彼女は片手におなじみの宅配ピザのような箱を持ちながら、人目を気にすることなく堂々としているのです。周りを見回すと、バス停の向こう側にはピザ屋さんがあるのが見えます。なるべく時間がありそうな人がいいと思って、バス停を尋ねようと思ったのです。躊躇しながら近づいてみると、なんとものすごい美人でした。とかく美人と言うのは冷たくてとっつきにくいイメージがありますが、彼女は正反対でフレンドリーで親切な女性でした。どうやらバス停の場所は知らないらしく、普通はここまでで終わりなのです。ところが、彼女は違いました、市バスの運転手さんに聞いてくれると言うのです。なかなかわかりませんでした。だれも知らないようなのです。それでも諦めることなく場所を知っている運転手さんを見つけてくれました。彼女は私の救世主になったのです。

mikonacolon