人生は旅

人生も旅もトラブルの連続、だからこそ‘’今‘’を大切にしたい

猫はまさに救世主

今週のお題「ねこ」

f:id:mikonacolon:20200225150105j:plain

日本経済新聞社の猫関連の記事

猫が救世主となって本屋を救う

 一月のある日の夕刊に猫関連の記事が載っていて、なんと置いてある書籍の95パーセントが猫本という猫本屋についてでした。ある本屋は2017年の時点では閑古鳥がなく本屋でしたが、祈るような気持ちで店頭に猫本を置いてみたら人が来るようになったというのです。そうなんです、猫は世界を救う、いえ本屋を救った救世主なのです。やはり猫には人を魅了せずにはいられない何かがあるのです。犬のように役には立たないかもしれないけど、居てくれるだけでただそれだけでいいのです。しなやかな身のこなしと、人間に媚びないたしかな自分を持っているそんなところが大好きです。あのすべすべの毛に触れていると、なぜか落ち着くというか癒されますよね。でも猫嫌いの人に言わせると、あの体毛に触った感覚がたまらなく嫌なのだとか。

 以前から自己啓発本も出ていて、人の目を気にしない猫に生き方を学ぼうみたいな内容になっていて人気があります。私も本屋でペラペラめくって立ち読みしたことがありますが、猫からの励ましの言葉と猫の可愛い写真がいっぱいで楽しいです。あっという間に最後のページになってしまい、つかの間の癒しの時間は終わります。でも猫にパワーをもらって背中を押されたように元気になれるから不思議です、しかも無料で。

猫がモチベーションを高めてくれる

 俳優として活躍している辻本祐樹さんは愛猫のタイガーの存在が仕事の原動力になっています。以前新聞の「我が家の主役」というコーナーでタイガーの写真が目に留まり、読んでみると辻本さんにとって猫は大事な家族なんです。そのタイガーという猫があの幻のホワイトタイガーにそっくりなので印象に残っているのです。「この猫がうちに来たから家主としての責任を感じます」という言葉から、まるで結婚したばかりの新郎を連想してしまいました。辻本さんは小さい頃からずっと実家では猫と暮らしていました。でも仕事で東京に出てきてからは猫が飼えなくて寂しかったそうです。やっとタイガーを飼えるようになって、「これからはこの猫がいるからもう寂しくない」と幸せいっぱいです。休日はベランダでタイガーとゆっくり過ごすのが何よりの楽しみだそうです。仕事をもっと頑張って、家族(タイガー)を守らなきゃと責任感が芽生えてきて、タイガーの存在がモチベーションを維持するのに役立っています。

黒猫ひまわりに助けられ

 厳しい勝負の世界に身を置く、ある有名な将棋の棋士の方は猫とは無縁でした。猫を飼うことになろうとは夢にも思わなかったそうです。それが思わぬ運命に導かれて黒猫のひまわりに出会ったのです。ある時ごみを出しに行ったら、どこからかカサカサと音がしたのだそうです。それでよ~く見てみるとごみ袋の中に子猫がいて苦しそうにもがいていました。「誰がこんなひどいことを」と驚いて慌てて袋を開けると、急いで獣医のところに連れて行きました。元気になるまでと思い、2~3日のつもりで面倒を見たら、情が移って手放せなくなってしまったそうです。その黒猫の名前は「ひまわり」でクレヨンしんちゃんの妹の名前から名付けました。

 棋士の対局は朝から深夜にまで及ぶこともあり、家路につく頃は疲れがピークに達することもあるとか。でもひまわりはいつでも出迎えてくれるので、ホッとするし、ありがたいと思っているといいます。正直言ってひまわりを助けたつもりでいたけれど、助けられたのはこちらのほうかもしれないと思うそうです。ひまわりに「もう寝るぞ」というと、走っていって「ピョ~ン」とベットに飛び乗って待っています。それが可愛くて仕方がないと、猫愛が溢れんばかりの方なのです。

mikonacolon

 

 

 

空港のセキュリティチェックに思う

f:id:mikonacolon:20200224145508j:plain

 

お守りの中に小さな刀が

 先日、八百屋で買い物をしていたら、店で流しているラジオの声が聞こえてきたのです。なんでも空港のセキュリティチェックで困った話らしいのです。お便りの主はいつものことと自信満々でいたらしいのですが、引っかかってしまったのです。でも何が原因なのかわからずパニックになりました。経験のある方なら大体の様子はお分かりになるかと思いますが、バッグやカバンの中身を全部を出すように言われ、係員に調べられます。さんざん捜した挙句カバンの中に入っていたお守りが原因だとわかりました。普通お守りの中には神様の名前を書いた白い紙が入っているのですが、その中に小さな刀も入っていて反応してしまったというのです。「そんなのわかるわけないでしょう」と戸惑ったそうですが、飛行機に乗り遅れる可能性もあるので一大事です。自分の苦い経験から「こんなこともあるのですよ、気を付けて」と注意を呼び掛けているのです。

ピンセットも洗剤もダメなの?

 友人はセキュリティチェックで止められて、例によって荷物の中身を全部出させられました。原因は何だったと思います?どこにでもあるピンセットです、でも先がとがっているので凶器にもなるのでダメなのでしょうか?2~3個入っていたピンセットのうち先の丸いものはOKだそうです。ピンセットが凶器になるならボールペンだって十分可能性があります。ハサミがなくて袋が開けられない時にボールペンで穴をあけて代用していますから。ドラマでも医療器具が何もない状況では、胸を切開する必要があるときはボールペンを使っているのを見たことがあります。

 私の場合は、毛糸洗いの洗剤で、旅先でセーターを洗おうとしただけです。100円ショップで売っている詰め替え容器に入れて小分けにして持って行こうとしました。もちろん、液体を入れるジッパー付きの透明な袋に入れました。ところがセキュリティチェックで引っかかってしまい、係員に怪しまれる始末です。洗剤の入った容器をじろじろみて「これはいったい何?」と尋ねられ、「洗剤です」といっても信じてもらえません。だから、セキュリティチェックで止められないためには、小分けしたものを買って持って行くか、あるいは旅先で調達したほうが良いのです。

変圧器を没収される

 知人から「ロストバゲージって大変なのよ」といつも聞かされていたので、基本的には荷物は機内に持ち込むようにしています。荷物は少ないほうが身軽でいいと言うことは承知で炊飯器を持って行くのです。それはフランスの山奥で何も食べるものがなくて困った経験があるからです。お菓子は売っていても「ごはん」らしきものは売っていないのです。それで、変圧器を持って行くのですが、いつもセキュリティチェックで止められていました。でも最後には納得して返してくれるのですが、ロシアのサンクトペテルブルクのプルコヴァ空港では違いました。「乗り継ぎのヘルシンキではOKだった」と言っても取り合ってもらえず、しばらくの間待ってもダメでした。長年旅を共にした変圧器は没収されてしまいました。

mikonacolon

 

 

 

猫から連想するもの

今週のお題「ねこ」

f:id:mikonacolon:20200223141135j:plain

幼いころは猫が嫌いだったのに

 今は猫が大好きであんなに愛らしい動物はいないと思っているのですが、幼いころは猫が嫌いだったみたいです。それは一番上の兄が鳩を飼っていてとても大事にしていたのに、猫に鳩を殺されていたからなのです。用心してはいるのですが、鳩小屋の戸がいつの間にか開いていて気が付いた時にはもう鳩は全滅です。猫はいつも鳩を狙っているらしく、ちょっとでも隙があればその機会を逃しません。狩猟本能なのでしょうか、鳩を食べるわけでもなく、ただ殺して去っていくだけです。あの頃、わたしの中では猫は鳩の天敵で、猫の姿を見ようものなら、「コラ~ッ」といつも叫んでいたのです。

 毎日のように野良猫がやってくるような環境で暮らしていました。田舎の開放的な家なので入る隙間なんてどこにでもあるのです。鳩を襲いに来るだけでなく、食べ物も盗みに来る、いわゆる「泥棒猫」が出没していました。それってまさに漫画の「サザエさん」に出てくる場面と同じですよね。今ではその記憶はあいまいでもうはっきりとは思いだせません。「ネコ」というお題で、連想するものを捜したら昔の記憶が蘇りました。ずうっと不思議だったのですが、うちの兄が猫を嫌う理由に納得がいきました。

満月の夜は猫の夜会が?

 私の同僚に言わせると、飼い猫は自分の家の鳩は絶対に襲わないのだそうです。彼も自分が可愛がっていた鳩をよその猫に殺られてしまい、悔しい思いをした記憶があります。それでも猫は大好きで、猫に人を見る目があるのかどうか定かではありませんが、猫の方から彼に近づいてくるそうです。この間、彼がなんか面白いこと言ってましたよ。会社の帰りに夜遅く公園の前を通ったら、猫がいっぱい集まって来たので、「なんだこりゃ」と慌てたのだとか。以前読んだ本の「青い眼の猫」では満月の夜に猫の集会が開かれるらしいので、「もしかしたら、それじゃないの」と返しておきました。

捨て猫が夢をかなえてくれる

 我が家が猫屋敷になってから、猫を躊躇せずに拾ってくるようになりました。近くに高速道路が通っているので、その下の草むらに猫が捨ててあるのです。「ニャアニャア」と鳴き声が聞こえるので捜すと、段ボールの中に1匹の子猫が必死でないています。当時は連れて帰って、その子と一緒に暮らせて楽しかった。

 世の中には捨て猫が幸運をもたらす物語もあって、NHKのラジオドラマ「リトルチャロ」もそのひとつです。チャロは飼い主のショウタと空港ではぐれてしまった迷い犬なのです。偶然に不思議な力を持つメドゥーサと言う猫と出会って、想像もつかない物語が展開します。彼女が捨て猫だった時、拾ってくれたのはエイミーという作家志望の女性でした。彼女は食べるものにも困っているのにもかかわらず、メドゥーサにはミルクを買ってくれたのです。エイミーはメドゥーサの不思議な力を借りて人気作家へと昇り詰めていくのです。たくさんのカードの中からメドゥーサが次々とカードを選んでいきます。エイミーはその絵柄を順番に並べてストーリーを組み立て、小説を書きました。そしたらそれが信じられないことにベストセラーになってしまうのです。

mikonacolon

 

 

 

 

 

忘れられない猫の思い出

今週のお題「ねこ」

f:id:mikonacolon:20200120134918j:plain

姉御肌の美猫チーちゃん

 旅先の駅の本屋でふと手に取って立ち読みした絵本が、本屋大賞の絵本部門で第一位とは正直驚きました。「なまえのないねこ」という題名で、ストーリーはシンプルなのですが、読後には心に何か暖かいものが残りました。きっと、この本の絵のセンスのよさに秘密があるのかも。

 私の中で「猫」と言えば思い浮かぶのは「チーちゃん」です。うちのお嫁さんが実家から連れてきた雌猫で本当に美しい美猫でした。白と黒の雑種で目は緑で輝いていて、毛並みがよくて鼻もきれいなサーモンピンクでした。人間でいえば、美人で気が強く奔放で怖いもの知らずです。猫にはふつう縄張りがあってよそ者は馴染むのが難しいそうです。でもチーちゃんはすぐに新しい環境に溶け込んでいたようです。雌猫というのは、ほとんどの猫が飼われている家でおとなしくして居るものなのです。なのにチーちゃんときたら、雄猫と同様に家を出て1週間ほど帰ってこない時があります。心配しているといつもふらりと姿を現して家族は安心したものです。美しい顔には無数の傷がついていて戦いの跡が残っています。身体も薄汚れていて美人が台無しです。ある時などは田舎の草むらを駆け回っていたのか、頭の上に枯草の山を付けて帰ってきました。まるで枯草の帽子を被ってキョトンとしている姿にみんな爆笑してしまいました。お嫁さんが抱き上げて「チーコ、いったい今までどこにいたの」とぎゅっと抱きしめるのですが、チーちゃんにはその気持ちがわかったのかどうか。そして”出張”から帰ってしばらくすると、乳首がピーンと張ってきます。「チーコ、お前は子供ができたのね」とお嫁さんが気づきます。

リビングでの猫の戦い

 最初はチーちゃん一匹だったのですが、だんだんと数が増えるとそれぞれ個性があるので面白いことが起こります。その当時は猫屋敷と呼ばれてもおかしくないほどになっていましたが、現在のような揉め事はないおおらかな時代でした。ある時、うちのトラ猫が外に遊びに行って帰ってきたと思ったら、よその猫を連れてきたのです。それもお友達ではなくてケンカ相手をです。ちょうど玄関のドアが開いていたので2匹はリビングに入り込みました。テーブルをはさんで睨み合いが続き、ソファの背もたれの上でお互いに「ウァオ~」と唸っています。

 そしたらよその猫がいきなり空中を飛んでトラに襲い掛かってきたのです。それでトラも応戦し2匹の猫は空中でぶつかり合いました。そりぁもう、ものすごい迫力でした。その時はじめて猫って飛べるんだということを知りました。2匹はその後カーペットの上で激しい戦いを繰り広げていたんです。こらえきれずに「やめなさい」と私が大声を出したのでよその猫は退散しました。実をいうと、それまで私は息をひそめて2匹の戦いをハラハラドキドキしながら見ていたのです。よその猫が去ったあと、うちのトラは怖かったのか震えていて粗相をしてしまったのです、それも大きいほうのを。それでトラが見かけによらず弱虫だと言うことがわかったんです。

mikonacolon

 

 

 

キノコと田舎の少子化

f:id:mikonacolon:20200107153226j:plain

 

味より見栄え優先の世の中

 朝日新聞の「声」のページに福岡県の86歳の方からの投稿で「熟さぬキュウリ、我慢がならぬ」という記事が載っていました。最近のキュウリは味も香りもなく、見栄え優先で、このままではキュウリ本来の味を忘れる日も近いだろうとのこと。私も子供のころ食べていた、畑からとってきたばかりのキュウリの味を覚えていないかもしれません。まだ太陽の熱が残っているキュウリを、冷たい井戸水で冷やし、塩をつけただけで丸かじりしたものです。それがおやつだったのです。

 ただ、スーパーで売っているキュウリにもおいしいものとそうではないものがあることだけは感じていました。他のと値段がそんなに変わらないのに、野菜の味がしなくて食べる気にならないキュウリを買ってしまうことがあります。透視能力も野菜の味を見抜く才能も持ち合わせていない私にはどうすることもできません。キュウリは本来放っておけば、三日月のようにくるっと曲がって成長して、取るのを忘れると黄色いキュウリになってしまいます。心配しなくても鳥が食べに来てくれます。

 青いバナナは美味しいの?

 私が最近残念に思うのは、スーパーに並んでいるバナナがどれも熟していないことです。値段の安いものから有機栽培のラベルが貼られている値段が高いものまで、すべて食べごろではありません。見た目は黄色くてたべられるように見えてもヘタの部分をよ~く見ると黄緑です。”甘熟王”や”濃味”などのブランドバナナも例外ではないのです。近頃では、昔美味しいと評判だった台湾バナナが店に出まわるようになりました。それはうれしいのですが、やはり熟していないのです。だからバナナは見切り品しか買わないようにしているのです。だって、ちょうど食べごろの美味しいバナナを正規の値段の半額で買うことができるのですから。

 熟していないバナナを売っているのは日本だけかと思ったら、ヨーロッパに旅行に行って世界的な傾向だとわかりました。外国のスーパーでは果物や野菜は量り売りなので、バナナも袋には入っていません。自分で好きな分だけちぎって袋に入れてから秤にのせて値段のシールを貼ります。

スーパーのエノキはクズばかり?

 私の同僚が残念に思うのは、スーパーにあるエノキのことです。彼に言わせるとあのエノキはエノキのランクから言えばクズなのだそうです。彼の実家は農家なのですが、副業としてキノコの栽培をやっていたそうで、子供のころからそばで見ていたからわかるのです。普段はスーパーにほとんど行く機会はないのですが、たまに行くとどうしても気になって、「質のいいエノキはないのだなあ」と嘆いてしまうそうです。「じゃあ、本物エノキってどういうのなの」と彼が言ってる意味が分からず聞いてみると、表面が濡れたようになっていて美味しいのだとか。

 そんな彼の田舎も都会と同様に少子化の波が押し寄せているそうで、実家は4人も子供がいるのに誰も結婚しないのでどうなるかわからないと言います。後継ぎがいないので周囲は空き家が増えています。まれにお嫁さんが来たとしても、日本人ではなくて中国人の女性だそうです。彼女たちは自分が働いたお金はすべて自分の国に送ります。要するに日本に出稼ぎに来るような感覚で結婚するようで、お金が貯まると中国に帰ってしまうのです。子供ができても一緒に連れて帰ってしまうので余計に困るのだとか。

mikonacolon

国家試験とユン・シユン

f:id:mikonacolon:20200124135534j:plain

熱い人ユン・シユンがダメ男を演じる

 無料動画のGYAOでユン・シュン主演の「君の恋愛体験、三つ色のファンタジー」を見ました。いつもいちずで熱い人を演じることが多い彼が、なんとこのドラマではダメ男を演じているのです。眼鏡をかけた冴えない外見で、運動神経もよくなくて、彼女にも見限られてしまう役です。果たしてそんな役が彼に合うのかどうか、興味津々で見ているうちに気にならなくなってしまいました。つまり彼の演技力のせいで、違和感が全くなくなったのです。鉄棒で懸垂をしようとしても、できなくてバテててしまったり、カラオケで聞くに堪えない歌を披露してしまうダメさ加減100%の男子を力を抜いて演じています。

 挑戦して4年も経つのに警察官試験に合格できなくて、しっかり者の恋人から別れを告げられる役です。どちらかというと相手にとっては頼りなく感じられますが、そこがまたいいところでもあるのです。別の観点から見れば、情けない男でしかありません。

 以前何かの番組で、難関試験の一つである公認会計士試験について特集していました。司法試験の次に難しいと言われていますが、試験に合格する人たちはどんな人なのかを番組は追っていきます。彼らは大学を卒業してほとんどが就職していません。会社に入らないで、試験に合格するためにひたすら勉強漬けの毎日を送ります。合格者が発表されると各自のデータがパソコンで調べられるので職業が分かります。千名ほどの合格者のうちほとんどが無職でした。学生は2~3名で、会社員は何とひとりだけいました。「この会社員の人こそ、本当に頭のいいひとだ」とみんな称賛していました。落ちてしまった人からは、「彼女にも振られてしまって最悪だ」との悲惨な声が届きました。

 さて、ドラマの副題が”一発逆転を狙う”となっていたので、起死回生かと期待していたら、世の中そんなに甘くないようです。でも満足のいく結末に落ち着きました。

天才になれる魔法の薬?

 恋人に振られて傷心の日々を送っていた主人公は、携帯で高額のバイトを見つけて応募します。3日間で80万ウォン(日本円で8万円?)という治験のバイトで飲まされた薬がすごい効き目なのです。記憶力が驚異的で、本は読んだだけで頭に知識が詰め込まれ、運動神経も抜群になりました。それどころか性格まで変えてしまい、全くの別人になりました。控えめで優柔不断な性格が、急に自信満々になり、女性にもてる男になりました。あらゆるハウツー本を読んで研究した成果、すぐに新しい彼女ができたのです。ここから本来のユン・シユンが登場するのですが、かっこよすぎてあまり面白くありません。

ダメ男子の方が魅力的

 美男美女は確かに見かけはいいし、憧れてしまいますが、一緒に居て居心地がいいのが一番だと思うのです。主人公は薬の力を借りて何とか合格しようとするのですが、恋人が事故にあったと聞いて駆けつけます。彼にとっては試験よりも彼女が心配だったのです。見終わってみると、ダメ男子のユン・シユンの方が魅力的だなあと思ってしまったんです。

mikonacolon

 


 

内定辞退セットと断れない理由

f:id:mikonacolon:20200109191408j:plain

断り方が分からない?

 最近は、就職活動中の学生に「内定辞退セット」が人気で取り扱う書店や文具店では売り切れが続出しているそうです。企業に入社を断るのに手紙の書き方や電話のかけ方がわからなくてみんながそれに助けをもとめているのが現状のようです。昨年12月に売り出された日本法令のものは断りの文面が用意されており、その紙を付属の便箋の下に置いてなぞるだけで会社への内定辞退の手紙が書けてしまうというのです。なんと至れり尽くせりなのでしょう、そんな便利なものがあったら誰だって欲しいですよね。

 でも、一つ疑問が残るのですが、今の大学生ってそんなに自分ひとりで断れない人たちなのでしょうか。内定をたくさんもらえる人達はコミュニケーション能力も優れていると思えるのですが、うまく断る能力とはまた別のものなのでしょうか。「断る」ということは相手のことより自分の気持ちを優先させることなので、どうしても痛みが伴うと思うのです。できれば嫌な思いはしたくないが、断らないことにはこの先に進めないとしたら割り切るしかないのです。相手に嫌な思いをさせても、それでも自分の気持ちに嘘はつかないことが大事です。あとで後悔しても遅いのですから。

笑顔で断れる人間に

 本当に幸せになりたかったら、ある意味利己的な人間になりきって、非難されても断ることが必要です。ある本によれば、相手に不利な場面でも笑って断れる人間にならなくてはダメだそうです。つまり、普通の人間がするような心の葛藤がなくて、いい人になろうとしない自分を大切にする人のことです。先日英語のラジオ講座を聞いていたら、講師の方が「日本人は断るときに理由を言おうとしないけれど、それが外国人には納得いかないことなのだ」と指摘していました。日本人にとっては相手の言葉で察するのが普通だけれど、外国人にはその道理は通用しないのです。

仕事を辞めたいと言い出せないとき

 内定辞退セットに加えて、今日では退職届代行サービスのビジネスさえも需要があるとの記事に驚かされます。これは退職を希望しても辞めさせてくれないとか、自分で言い出せない場合の話だそうです。いずれも誰かが何かで困っていることを解決できればそれが即ビジネスになる世の中なのです。

 仕事を辞めるとかいう「何かを断る」ということは大学生でなくても悩ましい問題です。実際の例では辞めないで我慢していたせいで、身体よりも心が病に侵されてしまいました。知人は家族経営の飲食店に勤めていましたが、しばらくすると店主が病気で入院しました。そのため、パートなのに彼女の仕事の負担が増えて大変になりました。連日の残業で家庭生活にも支障が出てきて、辞めたいと思うようになりました。でも「辞めたい」なんて言える状況ではありません。奥さんも店主がいる病院に行ったりして多忙なのです。どうしても「辞めたい」の一言が言い出せず悩みながらも仕事を続けていたのです。そんなある日、仕事に行こうとしたら玄関で倒れてしまいました。それでも「私が行かなきゃ」と言うばかりで、家族は心配して辞めさせようとしました。この時すでにうつ病にかかっていたみたいです。何年か通院したおかげで今ではやっと元気になりました。

 

mikonacolon