人生は旅

人生も旅もトラブルの連続、だからこそ‘’今‘’を大切にしたい

ロシアにまた行く理由

f:id:mikonacolon:20190919151336j:plain

現在のロシアを見に行く

また2年ぶりにロシアに行こうとしています。いつものフィンランド航空でヘルシンキまで行って乗り換えてモスクワのシェレメチェボ空港まで行きます。前回はその日はフライトが無かったので、ヘルシンキヒルトンヘルシンキエアポートに泊まりました。今回はフライトがあるのですが、夜遅く着くのでモスクワ市内には行きません。空港に着くのが夜の8時20分なので空港の近くのホテルにその日は泊まる予定です。ホリデイインというホテルなのですが、1度も泊まったことはないので、不安ですがどんなところか楽しみです。シェレメチェボ空港も新しく生まれ変わって、前回は英語表記の他に中国語表記のサインがあったので驚きました。中国人はロシアにとってお金を使ってくれる良いお客さんなのです。今回もまた中国人の団体客が多く居るのでしょうか。私が閉口したのはサンクトペテルブルグのエカテリーナ宮殿での中国人の多さです。まるで宮殿が中国人に占拠されてるみたいでした。

モスクワってどうなるの?

以前はモスクワ市内のホテルに泊まるなんてことは、とんでもなく高くて無理でした。でもルーブル安の今なら抵抗なく何泊もできる値段です。でもホテルに泊まれたとしても、街自体に元気がないような気がするのです。アルバート通りには昔は人が溢れていたんです。平日とか土日とかに関係なくたくさんの人が集まって来て、よく日本の原宿通りだと言われているくらいです。それが私が行った2年前は信じられないほど人が居なくて寂しい通りになっていました。また土産物店の張り紙を見てびっくりしてしまいました、SALE50%OFFと書いてあったので。まさに早く売ってしまいたいという意図が見え見えです。日本の店の閉店セールみたいな感じだなと思ったら、心配になってしまったのです。それから、夕方食事をしようとガイドブックに載っているレストランに行って、店を覗いたら客が誰もいないのです。さすがに誰もいないところでは食事はしたくありません。トレチャコフ美術館の近くで周りには家族連れだってたくさんいたのですが。そんな時は人がたくさんいる賑やかな場所に行くしかありません。いつもたくさんの人で溢れているセルフサービス方式のレストランの「スタローヴァヤ№57」です。赤の広場に近いグム百貨店の3階にあって気軽にロシア料理が楽しめます。

モスクワ大学の姿に元気がない

初めてモスクワ大学の姿を見た時はそのかっこよさにただ圧倒されてしまいました。モスクワにあるスターリン・クラシック建築のなかで最大といわれ、その迫力ある姿で有名な大学です。地下鉄のウニヴェルシチェート駅からは見えませんが、10分ほど歩くとその姿が見えてきて早く大学に着きたくて走ってしまいます。大学の建物の前は公園になっていて、芝生の中で皆がそれぞれスポーツをしていました。仲のよさそうな家族がキャッチボールをしていて、彼らが日本語を話していたので日本人だと分かりました。カッコいいはずのモスクワ大学が、2年前久しぶりに見たら、まるで中年のおじさんみたいに元気がなかったのです。どうしてそんなふうに見えたのか、ショックでわかりませんでした。だからもう一度見てこようと思っています。

mikonacolon

お金を暖炉で燃やす

f:id:mikonacolon:20190820203115j:plain

借金の頼みを聞かないボス

映画の題名は忘れましたが、ある場面だけは頭の隅にこびりついて消えないのです。あれはたぶん中東かどこかの国で、舞台は都会ではなくて田舎、それも洞窟のような特徴のある住居に住んでいる人達の物語です。田舎の町をまとめる富豪の老人が権力を握って人を使って仕事をさせているらしいのです。彼が使っているうちの一人の男性が彼に借金を頼みに来たのです。お金を借りないと生活が成り立たないほど困っているのですが、断られてしまうのです。「それは私の仕事ではない」と彼は言うのです。お金の問題は部下にすべて任せてあるのでそちらで何とかして欲しいと繰り返すばかりです。「あなたの部下にたのんでもダメだったからここにきているのだ」と主張しても、「わたしが部下のやり方に口を挟むことなどできない」とまるっきり石頭なのです。お金を借りに来た方の気持ちなんてわかろうともしないのです。

若い妻が思いついたことは?

地元の有力者である老人には若い妻がいて、さきほどから借金の話を聞いていました。だから客が帰ってから、夫に「あれほどたくさんのお金を貧しい人に寄付しているあなたが、どうして目の前の人には冷たいの?」と憤るのです。先ほどの客が欲しいのは大した額のお金ではないし、すぐに貸そうと思えば貸せるのに、なぜそうしないの、どうしてと責めるのです。その妻に夫は「私が勝手なことをすれば部下を傷つけることになるのだ、だから何もできないのだ」と主張するばかりです。夫はいつも多額の寄付をしては地元のために尽くしている篤志家なのです。そこで妻は夫に頼むことはもう諦めて、自分でお金を出来るだけ集めて困っている人を助けようとします。なぜ他人のことにそこまで一生懸命になるのだろうか、ただの同情かそれとも特別な感情でもあるのだろうか。どうも昔からの知り合いであるらしい彼女は彼に少しでも喜んでもらいたかったのではないでしょうか。それと老人の妻なのだから、若い人への憧れという甘い気持ちもあって当然でしょう。

お金を暖炉の中に投げる

お金があればすべて解決するのだと思い立ち、昔の知り合いの家に届けに行きました。役に立てるし、とても感謝されるのだと確信してドアのベルを押します。彼に何か用かと聞かれるとお金を届けに来たのだと告げます。意外なことでとても嬉しそうな様子の彼を見るとホッとしました。ですが、テーブルでお金を受け取ると「喜ぶとでも思ったか」と言い放つと立ち上がって、お金を燃え盛る暖炉の火の中に放り投げたのです。馬鹿にするな、哀れみは必要ないと言わんばかりの衝撃的な行為でした。その光景を目にした時の篤志家の妻ときたら、すぐに彼女の目から大粒の涙が溢れてもう号泣です。うろたえながらも自分がなにか恥ずかしいことでもしたかのようにその場を去ります。まさに穴があったら入りたい状況ですが、実に彼女が気の毒です。彼女の人生の中で、あんなことしなければよかったと思える痛恨のミスとなってしまいました。良かれと思っての善意も時には人を傷つけ怒らせてしまうのだと学びました。

mikonacolon

 

エッフェル塔が恋の始まり

 

f:id:mikonacolon:20190917143759j:plain

 

3年ぶりに元カレに会う

この映画は本当にしゃれたフランス映画だといえるでしょう。題名は「恋のときめき乱気流」というのです。3年ぶりに飛行機の中で会ったカップルが7時間のフライトの間に昔の熱い気持ちを思い出すまでを描いています。デザイナーのジュリーは今ではもうすぐ結婚する婚約者もいて幸せの絶頂にあります。ニューヨークで個展を終えてパリ行きの飛行機に乗ろうとしたら、幸運なことにビジネスクラスにグレードアップされていて喜んだのに、あろうことか隣は元カレのアントワーヌだったのです。顔も見たくないほどひどい別れ方をしたのにパリに着くまで我慢しなければならないのです。席は満席なので逃げ出す方法はありません。しかも彼は彼女を今でも愛してるのです!

アントワーヌは魅力的

たいていの恋愛映画は退屈ですが、本作はステレオタイプとは違って楽しめます。機内の二人だけの会話が続くと思ったら、二人の出会いや回想シーンが満載でシャンソンの軽い乗りも手伝って、サクサクとお話が進んで視聴者を退屈させません。二人の最初の出会いは画廊のトイレで、しかも男性用なのも面白いです。女性用が混んでいるからといっておばさん丸出しの考えで、男性用を使いますか?普通はそんなことはしません、若い女性なのですから。そういう点ではジュリーは飛んでる女性でさすがはデザイナーと言うことになります。そんなジュリーがプレイボーイのアントワーヌに一目ぼれして、クズ男とわかっていながら1時間だけ付き合ってしまうのです。「あんたみたいな男とは私の大切な時間のうち1時間だけなら我慢できるわ」と言いながらも楽しそうです。

最初のデートはエッフェル塔

最初のデートは誰でもどんな女性でもエッフェル塔のお気に入りの場所に連れてくるのがアントワーヌのこだわりみたいです。係員と知り合いになっていてカギをいつでも使えるのです。シャンパンと音楽とエッフェル塔からの眺めをプレゼントされてジュリーはまんざらでもなさそうです。彼は優しくて会話の引き出しも多く彼女を笑わせてばかりいます。彼を警戒しているのに、いつの間にか次はディナー行く約束をすることになりました。「あなたは1週間しかひとりの女とは続かないらしいわね」と聞いたら、「2週間だよ、2週間あればいろんなことが出来るよ。何がしたい?」と彼に提案されてしまうのです。レストランでの食事のときに、「男の心には大勢の女が住めるのよ」と言って彼をけん制するのですが二人は意気投合して話が弾むのです。

乱気流が恋のキューピット?

さて、機内の様子ですが、ふたりが昔話で打ち解けて、お互いの気持ちを確認し始めたころ、ちょうど飛行機が乱気流で激しく揺れて、乗客たちも恐怖に震えだしました。アントワーヌがこれからどうなるかわからないから君にひとこと言っておくと言い出して、「愛してる」とジュリーに告白しました。そしたら彼女も「私も愛してる」と答えてしまうのです、婚約者がいるのにどうするの?乱気流が収まって平静を取り戻した二人にまわりの人たちが祝福をしてくれるのですが、これからどうなるか楽しみです。アントワーヌは最初は本当にサイテー男をとしか思えなかったのですが、映画に引き込まれていくうちに素敵な人になりました。彼は意外に義理堅く、友達との友情を大切にしています。

 

mikonacolon

 

 

リュック・ベッソンの「タイムリミット」の父親像

f:id:mikonacolon:20190916093350j:plain

まさに戦うお父さん

リュック・ベッソンのドラマ「タイムリミット」を見ました。ヴァンサン・リベラッティはフランスの秘密組織の精鋭エージェントです。そして、離婚して離れて暮らす娘を溺愛する戦うお父さんでもあります。海外で銃撃戦の真っ最中に娘から携帯に電話がかかってきて、誕生日なので歌を歌ってくれと言うのです。それで、今はちょっと忙しいから後にしてくれないかと頼むのですが娘は聞きません。ヴァンサンは敵に囲まれて絶体絶命なのです。そんな場合じゃないのですが、敵と戦いながら大声でハッピィー・バースディを歌います。娘に「なんだかそっちはずいぶんうるさいのね、何してるの?」と聞かれます。とっさに「ちょっと客ともめてるだけだから心配するな」と安心させます。娘との約束を無事果たしたヴァンサンは、そのあと敵の銃撃を受けて負傷してしまいますが仲間に助けられます。

日本では子供に会えない

日本では考えられないような、離れて暮らす娘への愛情は、何よりも最優先でしばしば外国のドラマで見ることができます。このドラマはフランスが舞台ですけど、ハワイUFOのドラマでも娘が命の刑事が活躍していました。離婚したら子供に会わせない日本では、離れて暮らす子供にこれほどの愛情を注ぐことはありません。特に男性は再婚すると自分の家庭のことだけ考えて、最初の結婚でできた子供のことなど忘れるそうです。養育費の支払いも法律で縛らないとすぐに支払いが滞るのが普通のようです。そうならないためには多額の弁護士費用がいるみたいです。私の知人も毎月12万円の養育費を子供が22歳までもらうために80万円近くの費用を支払いました。また親戚の男性は子供が3歳の時離婚しましたが、20年間娘に会わせてもらえませんでした。仕事をふたつも掛け持ちして毎月18万も養育費を支払っていたのに、娘と自由に会えるようになったのはつい最近のことです。彼は子供のことを忘れないでいる稀な例だと思うのですが、今は娘と会えて、しかも孫とも会えてものすごく幸せだそうです。

命の火が消える前に

負傷したヴァンサンは、検査で脳腫瘍であとわずかな命であると診断されました。だから除隊して元妻と娘のいるマルセイユに落ち着くことにしたのです。最先端の治療の実験台になる代わりに特殊任務を引き受けて少しでも長く生きようと決心するのです。それにしても、ヴァンサンを演じている俳優の身体能力の高さに驚いてしまいました。どこでもスルスルと登ってしまって到底人間とは思えません。その仕事ぶりは常に完璧で、ときにはユーモアたっぷりで楽しませてくれるのです。いつも娘からの電話は任務遂行中にかかってきます。たとえば、相手を押さえつけて白状させようとしているまさにその時に携帯電話のベルが鳴ります。でも「今契約がひとつ取れそうなんだ」と言いながら娘との会話を優先させるのです。娘が警察に保護された時も、「大丈夫だから、心配するな」と優しいのです。マリファナを吸って補導された娘が「こんな不良でごめんね」と謝ると、ヴァンサンは「何を言っているんだ、不良なんかじゃない」と慰めます。自分の命の火が消えかかっているのですから、娘が何をやっても許して少しでも一緒に居たいのです。

 

mikonacolon

 

凪のお暇(9月13日分)を見て

f:id:mikonacolon:20190915101336j:plain

隠してきた家族の事情がバレる

凪ちゃんの母親が上京したことで、シンジと結婚することになってしまいました。会社も辞めたことも言えないでいるのは、小さい頃から空気を読むのが身に着いてしまったらです。それが習慣のようになっていたのが、自分を変えたいと思わせてくれたのがシンジの心ない言葉だったんです。皮肉なことですが、いつも不機嫌なシンジだけど少しは好きだと思ってくれてると信じていました。なのに「あんなの俺の彼女じゃない」なんてはっきり言われたら誰だってどん底に落ちてしまいます。あれはただの照れ隠しで本心は別のところにあるなんて言われたって誰が理解できるでしょう。

母親に本当のことを言えばとんでもない騒動になることはわかっています。それだけに言うわけにはいかないから、ひとまずその場をごまかそうとします。でも結局ごまかしきれなくてすべてが露呈してしまいます。シンジは小さい頃からずっと自分の家庭は暖かくて幸せだと信じてきたようです。というより理想の家族だと思いたかったら、今まで仮面をかぶって幸せな自分を演じてきたのです。必死に演じてきて、取り繕おうとしたのに、本音で生きている兄の登場によってその努力は無駄になるのです。うろたえるシンジの姿を見た凪ちゃんは、「この人は私と同じだ」とつぶやくのです。「あんたたちはけっこう似たもの同士じゃない」と言われても否定し続けたのにです。

母に自分の気持ちを告白

今の自分が嫌で、だから変わりたくて、凪ちゃんは母親に自分の気持ちを告白します。「小さい頃からお母さんが嫌いだった、自分の意見ばかり押し付けてくるから」と正直な気持ちをぶつけたのですが、言われた母親にとっては相当ショックな言葉です。しかし、小さい頃に母親が嫌いだなんて言う子供はまるで地獄を生きているようなものだと思います。つまり子供らしい甘えが許されなくて、我慢だけを強いられるからです。そういえば近所に子供の頃ひとりだけ母親がすごく厳しい子がいました。近所でも有名で母親の叱責の声と泣きじゃくる子供の声がいつも聞こえてくる家庭でした。昔だとしつけが厳しいで終わりですが、今でいう虐待ですよね。その子が話していましたが、母親のことは諦めているけど、父親がやさしいのが救いだと。

シンジは今更ながら自分の家族の現実を直視して泣かずにはいられません。凪ちゃんも母親にひどいことを言ったことを後悔してしまい、涙が止まりません。自分の言いたいことをやっと言えたのにスッキリするどころか、後悔してしまうなんて家族は難しいです。子供はたとえ母親から愛されなくても、母親の愛を求めるものだと、誰かが言っていました。

市川さんも悩みがある

市川さんって営業成績がよくて仕事ができる人だと思ったのですが、勘違いだったのでしょうか。意外にも彼女は彼女なりに悩みを抱えていることがわかりました。彼女のほうからシンジを誘惑したのに、見かけほど軽くないシンジは誘いに乗ってきたものの心はここにあらずなのです。「可愛い顔してるじゃない」だけで恋愛は始まるものと思っていましたが、シンジの場合は当てはまりませんでした。「私のこと少しは好きでした?」という質問に、シンジは「顔かな」なんて答えて平手打ちをもらいます。凪ちゃんの存在など知らなかった市川さんが気の毒になりました。

mikonacolon

 

 

理想の老後とは?

今週のお題「理想の老後」

f:id:mikonacolon:20190914183443j:plain

定年というのは仕事しなくていい?

子供の頃、定年になったら仕事はしなくていいものと思っていました。自分の父親は中学生になった頃にはすでに家に居ました。私は父親が50歳を超えてからできた子供だからです。あの頃は年金だけで十分暮らせた時代だったようで、今のように出来るだけ働いたほうがいいなんてことは冗談のようです。でも時代の流れと共に変わっていく年金の常識を受け入れないと辛いだけになってしまいます。人生100年時代なんて言われていますが、果たして100歳まで働けるのでしょうか。数字上だけのことなら何でも言えますが、肉体の衰えを何とかしないと無理な気がします。元気な人とそうでない人との個人差が激しいのが問題です。

バリ島で暮らす年金生活

介護施設で昔働いていた知人は今は仕事をしないで自由を満喫しています。先日もバリ島に1か月ほど旅行に行って帰ってきました。彼女はまだ年金生活者ではないのですが、ある事情があって会社を辞めました。そんな彼女はバリにハマって何度も行っているうちに、現地で暮らしている日本人の女性と知り合ったそうです。その人は年金生活者で、もちろん現地の言葉もちゃんと習得しています。彼女にとってバリの魅力は日本と違って男性がものすごくやさしいことです。バリでは女性がすごく働き者で、男性は働かないそうなのです。仕事がないのも一因なのですが、だから女性、とくに旅行者にはとことん尽くしてくれます。「あなたが一番素敵です」などど囁いて最高にいい気持にさせてくれるのだそうです。女性がみんな感激してしまうほどなので離れなれなくなる人もいます。ですが、金の切れ目は縁の切れ目で、お金がないと続かないのです。

「バリの人たちは普段は魚を食べてるんでしょう?」と聞いたら、意外な答えがかえってきました。人々は普段は焼き飯、日本でいうチャーハンを食べているのだそうです。海で捕れた魚はすべて観光客用で現地の人にとっては高価なのです。

年金生活者は意外に満足している?

私自身の理想の老後は具体的にはまだ描けないので、周りに居る年金生活者を参考にすることにします。なぜか私の周りには旦那さんを亡くした女性が多くて、皆何かから解放されたように明るく生き生きとしているのです。その代表が兄のお嫁さんで、一度は離婚したこともありましたが元のさやに収まりました。忍耐を強いられた結婚生活が兄の病気で終わって、今は本当に申し訳ないけれど幸せなのだそうです。明るくて社交的なので人と付き合うのが大好きです。自分の家の庭でガーデニングを楽しみ、韓国ドラマのDVDを車で借りに行くのが日課になっています。

そして、もう一人は82歳になる叔母です。昔は民生委員を20年ほどやっていましたが、今は辞めて自分の趣味一筋です。俳句は彼女の生活と共にあるようで、枕元にいつも俳句帳を置いて寝ているのです。頭の中にふと俳句が浮かんだらすぐに書き留められるようにしているのです。そのほかにコーラスにも参加していて老人ホームにも慰問に行くのだそうです。はっきり言って私なんかよりもずうっと元気な人です、疲れたって言わないのですから。

mikonacolon

 

 

 

老いを楽しむには?

今週のお題「理想の老後」

f:id:mikonacolon:20190913204252j:plain

いつまでも若さを追い求める

今まで老後のことなど考えたこともありませんでした。日々、目の前のことに追われてなんとか過ごしてきました。今の60代は昔の60代に比べると信じられないくらい若いと言われています。テレビのコマーシャルではセサミンなどの若々しさを保つための食品がいつも放送されています。まだ60代、人生はこれからと生きる活力をもらえるようです。以前有名な作詞家がセサミンのコマーシャルに出ていて、彼女の若さと美しさがクローズアップされていました。でも新聞のコラムで彼女が書いていたのは自分が家の前で転倒しておでこを怪我したことでした。それも2回もなのですが、転んでもただでは起きないとはまさにこのことなのですね。なんでも飯のタネにしてしまうのです。セサミンを毎日飲んでいて転倒するなんてイメージダウンにつながりかねないと思うのですが。しかも、普通なら反射的に手をつくはずですから、おでこを怪我することはそうはないはずです。他人事ながら、反射神経は大丈夫なのだろうかと心配になってしまいます。

年をとっても綺麗でいたい

最近、気になるのがやたらに見た目の若さを追い求める傾向があることです。例えば60代なのに40代にしか見えないとか、70代なのにどう見ても50代にしか見えなくて驚いたなどということです。でもいくらなんでも80代になったら美しさとは無縁なのではないでしょうか。化粧品で肌の衰えはカバーできるのでしょうか。芸能人なら別ですが、普通の女の人が年をとっても綺麗でいようと思ったら、やっぱり整形とかコラーゲン注射に頼るしかないのが現実です。親戚の82歳の女性は髪の毛は美容院で染めて綺麗にしています。だから実際の年齢よりは若く見えますが、近くで見るとやはり顔のしわがすごいのです。いくら化粧はしていても、その人が生きて来た年輪であるしわは消せないのです。私の子供の頃は今ほど「年とっても綺麗でいたい」というそんな欲求はなかったような気がします。

お金の問題をクリアする

最近、新聞で記事を読んでびっくりしたのですが、60歳で定年になると給料はそれまでの半分になるのだそうです。つまり、50万もらっていたとしたら25万になってしまうので、今までの生活を変える必要があるのだそうです。どうやったらそんなことが出来るのか困ってしまいます。そうしないと、最近話題になっている2000万円問題のようにお金が不足するということなのです。年金生活になる前に生き方を変える必要があるとは人生におけるひとつの試練にほかなりません。だからもっと若い頃から考えておく必要があるのですが、将来の展望は現実の生活に追われていると難しいのです。ただ、定年になった時に子供が独立していて、夫婦二人だけならなんとかやって行けるのではないでしょうか。そう思うのは甘い考えなのかもしれませんが、お金の問題をクリアすることが大事です。

mikonacolon