人生は旅

人生も旅もトラブルの連続、だからこそ‘’今‘’を大切にしたい

2024-05-01から1ヶ月間の記事一覧

スタンディングデスク

何だかとてもよさそう、だがネットでは意外にも 最近また、スタンディングデスクへの想いが再燃した。以前にも、購入する気満々で、ネットの情報を漁っていたが、その情熱もどこへやら、いつの間にか消えた。だが、つい最近、その燃えがらのような情熱に再び…

電子証明書の更新

これって、本当に必要だったのか 先日、役所から、電子証明書の更新のお知らせが届いた。マイナンバーカードの更新なのかと思ったら、どうやらそうではなくて、電子証明書のみの更新のようだ。同封されている書類をよく読んでみると、2024年の誕生日までに更…

初めてテレビショッピングを利用しました

今週のお題「最近、初めて〇〇しました」 騙されたつもりでいたら、予想外に大満足 いつも、スカパーでプロ野球中継を見ているが、以前はCMなど全く入らなかったのに、最近ではちょくちょくCMが入る。それらの数あるCMの中で、家人が最も気になって仕方がな…

ポーランド政府観光局に資料請求したら

梨のつぶて、だが、まあいいか ポーランドに行くために、蜘蛛の糸にでもすがりたい気持ちで、ポーランド政府観光局のサイトを閲覧した。嬉しいことに、郵便局にあるレターパックのライトの封筒を同封して、申し込めば、その時のあるだけの資料を送ってくれる…

ニューカレドニアのニュースを聞いたら

不測の事態にどう備えれば ビデオで韓国ドラマを見ていて、テレビに切り替えたら、ちょうどニューカレドニアのニュースをやっていた。原住民の人たちの暴動が全土に広がって、挙句の果てに空港まで閉鎖になったと言う。彼らはどうしてそんな行動にでたのだろ…

関心領域

映画もあるし、原作だってあった 昨日、来月のNHKの語学講座のテキストを買いに近所の本屋に立ち寄った。レジでお金を払う時に3399円と言われて、ええ!そんなにと驚いたが、よくよく見たら一冊税込み680円もするのだった。だが、知識の宝庫とも言えるテキス…

ネガティブ・ケイパビリティ

解決法を教えてくれる本ではない 新聞の図書案内で、帚木蓬生さんの著書『ネガティブ・ケイパビリティ』を見つけた。ネガティブ・ケイパビリティとは何ぞやと宣伝文句を読んで見ると、答えの出ない事態に耐える能力だと言う。世のなかにはそんなどうしようも…

ドラマはひき逃げから始まった

冒頭からひやひやさせられっぱなし 何の気なしに録画の予約をしたドラマを見ていたら、冒頭から驚かされた。なぜかと言うと、車を運転していた女性が、先を急ぐあまり、人をはねてしまったからだ。彼女は大事な用があって、列車に乗り遅れまいとして、やらか…

自炊はすでに副業

一瞬何のことか戸惑ったが、すぐに納得 『3千円の使い方』がベストセラーになった作家、原田ひ香さんのエッセイが日経新聞に載っていた。そこで原田さんは、若い人たちの手取りが昔と比べてほとんど変わっていないことを嘆いていた。30年以上も変わらない…

ネットでウィーンのフリーパスを買おうとしたら

7日間乗車券は5枚からしか買えない 自分なりにシュミレーションして、一応ホテル予約は済ませた。今度は大丈夫、昨年と同じ轍は踏まないとばかりに念には念を入れた。出発目前になって、ホテルを変えようとするなんて、無謀にもほどがあるが、昨年はそれをや…

外国では水がないと落ち着かない

水道水が飲めないことがプレッシャーに 日経の文化欄に作家の藤野可織さんが、「水がないと落ち着かない」というタイトルのエッセイを書いていた。藤野さんのことは、以前日経の夕刊の『プロムナード』というコーナーでエッセイを連載されていたので、その名…

憂鬱な気分な訳は

どう晴らそうか、始末に困る 私は今とても、憂鬱で、モヤモヤ状態の真っただ中にいる。いつもの私なら、なぜそう思うのか、なぜそういうことになったのか、その原因を究明して、自分を納得させるのだが、今回はどうしてもうまくいかない。そんな状態なのだか…

故障を楽しむ

少しくらい不便でも、まあいいか 先日の中日新聞の投稿コーナーの『あけくれ』のタイトルは「故障」だった。故障と聞くと、すぐに気持ちが穏やかではなくなり、早く元の状態に戻したくなるのが人の常だ、と思っていた。故障のままではにっちもさっちもいかな…

拡大コピーで視界が開けた

ガイドブックが買えなくても大丈夫 昨日やっと今秋行く旅行の航空券を買った。実を言うと、最初はいつになく欲を出して、一番快適な席は何処かを追及してしまった。もちろんエコノミー席だが、その中でもよりラクチンな席は何処かについて好奇心が抑えられな…

永久に使える洗濯機

そんなの、あったらいいなあ、を実現 日経の朝刊の一面にある、コラム『春秋』を読んでいたら、”永久に使える洗濯機”と書いてあった。一瞬、そんなバカなと思い、それでも読み進めていくと、確かにそれは存在していた。洗濯機は滅多に壊れないが、一度壊れた…

スーツケースを売りに行ったら

二束三文とはこのことで、たったの300円! いつも散歩で通る道の途中にはショッピングセンターがあって、そこの一階には美容院、スパゲッティ屋さん、ベトナム料理店などが立ち並んでいる。それらの店に隣接していて、やたらと目立っているのが、リサイクル…

列車の乗り継ぎ時間がたった5分?

どう解釈したらいいか、わからず、大丈夫かと自問する ウィーンから、列車に乗ってポーランドの古都クラクフへ行こうと、ネットで列車を探した。コロナ前によく利用したレイルヨーロッパのサイトはもうないので、頼れるのはオーストリア国鉄のサイトぐらいし…

ホテル選びは難しい

今度こそ、ゆっくり朝食を取りたい 今秋行く海外旅行の行き先をウィーンとポーランドと決めた私は、列車のことが気になった。航空券はいつものフィンランド航空で買うことにしたが、日程をどうしようと迷っていた。つまり、ホテルの料金がいくらかかるかとい…

聞き始めたら病みつきに

今週のお題「ラジオ」 自然と笑えるのがいい、明るい気分になれるのがいい 今までずうっとラジオとは無縁だった。といっても、中学、高校時代は別で、あの頃は誰もがラジオを聞きながら、勉強している時代だった。特にクラスでラジオの番組の話が出ることは…

ガイドブックが図書館にあった

考えも及ばなかった事実に唖然 今秋の旅行先にポーランドを選んだ私にとって、今の最重要課題は、ガイドブックをどうしようかということだった。大型書店には「中欧」とひとくくりにされたものはあるにはあるが、クラクフやワルシャワなどの主要都市の地図は…

ポーランド最新版は電子書籍

またもやそう言うことかと、頭を抱える 5月の声を聞いた途端,なんだかそわそわしてきた。なぜかと言うと、海外旅行に行くなら、行くつもりなら、そろそろ始めましょう、のタイミングだからだ。思えば、少し前までは、昨年の旅で散々な目に遭ったおかげで、…

ラジオが録れる機種は生産停止になりました

目の前が真っ暗になり、返品せざるを得なかった 昨日私は、日頃から気になっていたICレコーダーの問題を一気に解決しようとビックカメラの店舗に飛んで行った。もちろん買う気満々で、売り場でお目当てのSONYのICレコーダーを見つけたときは、ああこれでやっ…

浮気されたような気分に

予期せぬ展開に心惹かれたが 久しぶりに都心の繁華街に出かけたことは、ブログに既述したが、もう一つ予期せぬ出来事に遭遇した。それは、コロナ前によく通っていたドトールコーヒーショップでのことで、ふらっと入りやすいのが気に入っていた。決して広い店…

食べ歩きの感覚でおにぎりを

コンビニの前がイートインスペース? 昨日久々に都心に出かけたとブログに書いたが、それは予期せぬ発見の連続でもあった。昔よく歩いた通りや、行く度に買い物したドラッグストアを通りすぎたら、時が遡るかの如く懐かしい気持ちでいっぱいになった。とっく…

4年ぶりに都心に行ってみたら

ICレコーダーの進化に目を見張った 昨日久しぶりにコロナ以前はしょっちゅう行っていた都心の繁華街に出かけた。忘れもしない4年前の3月の初旬に行って以来、ずうっと足が遠退いていた。当時はどうしたらいいのかと絶望し、本気で困り果てていたのに、人間と…

メモで知らせる

トラブルを避けるための最良の手段 市営住宅で暮らしている知人の桐原さんは4月から理事になった。理事というのは、自分が住んでいる階の全員の自治会費を集め、回覧板を回す役目があるらしい。自治会費は毎月25日から月末までに納める規則になっていて、今…

DIE WITH ZERO

買ったのに、すっかり忘れていた本 この本『DIE WITH ZERO』は、最近新聞の広告を見て、なんだか良さそうだと興味をそそられた本だった。本屋に行って実物を手にとってみたいけど、なかなかその機会に恵まれなかった。先日も大型書店にドイツ語の勉強のため…

保険の内容を知ったら新たな希望が

これで、安心してお金を使える? 最近知人の桐原さんが保険の窓口で、死亡保険の手続きをしたことは以前のブログで既述した。その際応対してくれたのが、店長の島田さんという若い男性で、去年の7月に赴任したばかりだと言う。その彼が驚いたのが、中国人の…

なぜ働いていると本が読めなくなるのか

本屋で見つけたときは、平然とスル―した ドイツ語を勉強しようと突然思い立った私は、NHKのラジオテキストを求めて大型書店に行った。かれこれ半年ぐらい行っていなかったせいか、リニューアルしていてまごついてしまった。お目当てのテキストは定位置にあっ…

so-net光に入っていた!

キャンセルできると聞いて、ホッとひと安心 話は昨日の続きで、翌朝9時過ぎにエナジーコミュニケーションズに電話をした。前日の電話で教えられたフリーダイヤル、0120-769-294に電話をしてみたが、発信音が鳴るだけで誰も出ない。それにその電話は少し経つ…